宮野 陽子(ヴァイオリン)
東京芸術大学附属音楽高校、東京芸術大学音楽学部卒業。在学中、安宅賞を受賞し、芸大オーケストラと共演。1988年、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団員として渡欧。オランダ在住中、オランダ・アルクマール音楽祭に参加。1996年帰国、ソロ・室内楽を中心に演奏活動を行っている。東邦音楽大学・短期大学教授。

池田 有沙(ヴァイオリン)
大阪国際音楽コンクール弦楽器部門1位。クロスターシャンタール国際音楽コンクール4位、シンガポール大統領官邸御前演奏。シンガポール国立大学音楽学部、桐朋学園大学大学院修士課程卒。桐朋学園子供のための音楽教室非常勤講師。フランス社会功労奨励勲章を最年少受章。

市川 真由子(コントラバス)
国立音楽大学卒業。チェコ・プラハ芸術アカデミーを経て、2019年よりピルゼンフィルハーモニー団員。

川田 健太郎(ピアノ)
東京藝術大学附属高校卒業後、ロームミュージックファンデーション海外派遣奨学生としてモスクワ音楽院本科卒業。かながわ音楽コンクール第1位、東京音楽コンクール第3位、ラフマニノフ国際コンクールファイナリスト。これまでに東京フィル、神奈川フィル、仙台フィル、名古屋フィル、大阪フィル、九響と共演。名古屋芸術大学専任講師。名古屋音楽学校早期才能開花プロジェクト講師。

今田 篤(ピアノ)
2018年第10回浜松国際ピアノコンクール第4位及び2016年世界三大コンクールの一つであるエリザベート王妃国際音楽コンクール(ベルギー・ブリュッセル)にてファイナリスト入賞。これまでにマリン・オールソップ指揮ベルギー国立管弦楽団等海外及び国内のオーケストラと多数共演。現在東京藝術大学音楽学部ピアノ科非常勤講師。

伏木 唯(ピアノ)
東京藝術大学を卒業後渡独し、ベルリン芸術大学にて研鑽を積む。ドイツ国家演奏家資格取得。第4回高松国際ピアノコンクール第3位入賞。現在、大分県立芸術文化短期大学助教および東京藝術大学ピアノ科非常勤講師。

景山 梨乃(ハープ)
日本ハープコンクールアドヴァンス部門第1位、ミュンヘンARD国際音楽コンクールで第3位など、多数受賞。東京藝大在学時に福島賞、平山郁夫文化芸術賞を受賞。 パリ エコールノルマル音楽院、ベルリン芸術大学で学び、ベルリンフィル・カラヤンアカデミー修了。現在、東京交響楽団首席ハープ奏者。愛知県立芸術大学非常勤講師。

土井 恵美(オーボエ)
兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て東京藝術大学卒業。オーボエを中山和彦、清水明、和久井仁、小畑善昭の各氏に、室内楽を山本正治、岡崎耕治、金昌国の各氏に師事。第二回小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト、草津音楽祭、宮崎音楽祭などに参加。現在、京都市交響楽団団員。

森 華奈子(ホルン)
同志社女子大学学芸学部音楽学科卒業。第22回日本クラシック音楽コンクール全国大会ホルン部門大学女子の部 最高位受賞。2014年アジアユースオーケストラに参加。2017-2019年チェコフィルハーモニー管弦楽団オーケストラアカデミー在籍。2020年ピルゼンフィルハーモニー管弦楽団首席奏者。現在フラデツクラーロヴェー管弦楽団首席奏者。

五十嵐 優子(クラリネット)
桐朋学園子供のための音楽教室を経て桐朋学園芸術短期大学芸術科及び専攻科特待生として修了。国内外のマスタークラスにてディプロマを取得。演奏活動の傍ら、後進の育成や、吹奏楽指導にも取り組んでいる。元印西市文化ホール運営会議委員。よみうりカルチャーセンター講師。印西音楽協会理事。

   …ほか

※上記審査員は第2回コンクール時の審査員です。
※部門・開催回に沿う審査員が担当します。